@いじめ

いじめ問題・対策・相談掲示板

@いじめ-狂太さんの体験談


いじめ相談掲示板


いじめ体験談


皆さんへのメッセージ


いじめ対策(本人)


いじめ対策(親・保護者)


いじめの知識


運営者からのメッセージ


いじめ相談ダイヤル




@いじめ<狂太さんの体験談

狂太さんの体験談

小学生の頃、同学年の相手から、1対1でいじめられた。

遊び相手をさせられ、その間中、反応が鈍いというので罵詈雑言を浴びせられ続けた。
相手は、お前は軟弱だから鍛えてやるのだと言っていた。

親にはいじめを受けていることをずっと訴え続けたが、
父は「あいつとは付き合うな」、母は「我慢していればそのうち飽きてやめる」と、
壊れたレコードのように繰り返すだけだった。

やがて、友人から「我慢しているだけでは駄目だ」と忠告され、
それに従って死に物狂いで抵抗し、何とか対等に近い関係まで引き戻す事が出来た。

その後完全に忘れていたのだが、10年以上経ってから、何故かその記憶と恨みが蘇ってきて、
その後数年にわたって「恨むのはいいが、復讐を実行してはいけない」と、本を読んだり考えたりして、
自分の怨念と格闘し苦しんだ。

後になって親が、相手の家が自分達の思想と対立するある宗教団体の信者だったために、
揉め事を起こすことを恐れて訴えを無視していたことを知った。

父は忠告してくれた友人について、
「あの子なら、お前を助けてくれるかもしれない」と言ったはずだと主張した。

彼の母親の、就職の便宜をはかってやった事があるという理由だった。
人間関係を利害関係でしか考えられないのかと、父に呆れた。

母は非常に言いにくそうに「あの子の家は○○教で…」と言葉を濁した。
思想は結局、恐怖に勝てないのかと、やはり母に呆れた。

大学生の頃、所属していたサークルで「北朝鮮のスパイ」と言ってからかわれた。

そういう事は言わないでくれと何度頼んでも
「ただの冗談だ」「悪気はない」と言って取り合ってくれなかった。
本当に悪気はないのだと知っていたのでひたすら我慢した。

卒業後、北朝鮮のミサイル発射や日本人拉致で、
北朝鮮への非難が高まったのをきっかけにサークル仲間とは絶縁した。

「悪気はない」「冗談」では済まない、言ってはいけない事がある。




いじめ体験談




Copyright 2007-2008 @いじめ-いじめ問題・対策・相談掲示板 All Rights Reserved